ART OFFICE OZASA

ASK _7人の作家ASK _ 7 Artists Exhibition

プレスリリース PRESS RELEASE

展覧会カタログ PDF

 

この度、ART OFFICE OZASAでは、「ASK_7人の作家」展を開催いたします。

「A.S.K」は、京都市内に点在する3件のシェアスタジオを管理する「Atelier Share Kyoto」の略称であり、その始まりは1996年に開設された「西京のアトリエ長屋」に遡ります。

今日のように「シェア」と言う考え自体が一般的ではなかった22年前、京都の伝統産業である友禅染工場と隣接する職人長屋2棟8軒をリノベーションし、アーティスト専用のシェアスタジオとして貸出したのが始まりです。その後、2010年に「A.S.K」、2012年には陶芸専用のシェアスタジオ「kyoto ceramic art studio – tochin」が加わり、現在3件の物件がシェアスタジオとして機能しています。今日まで「A.S.K」には、国内外を問わず20代から50代まで、長期短期を含め100名を超えるアーティストが制作の拠点としてきました。

その他、「A.S.K」は2015年にオープンした「KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku」の立上げ時のスポンサーとしてサポートを行うなどアーティストへ支援の在り方も模索しています。
また今年2018年の春、「A.S.K」のアーティストが自主的に集まり、スタジオ内にアーティスト・ラン・ギャラリー「Alt Space Post」を立ち上げ、スタジオに留まらない新たな動きが生まれました。

これを機に「A.S.K」を制作の拠点にする、学歴も年齢も国籍も異なるアーティストによるグループ展「A.S.K 7人の作家」を開催します。

ピカソ、モディリアーニなどを生み出したモンマルトルのアトリエ長屋「洗濯船」、シャガール、レジェが集ったモンパルナスの集合アトリエ「蜂の巣」、靉光や松本竣介を始め多数の芸術家が居住去来し、100棟以上の貸しアトリエが点在した「池袋モンパルナス」などを想い、同時代に生きる若いアーティストが集うシェアスタジオの一断面をご覧いただければ幸いです。

ART OFFICE OZASA


 

「アトリエ シェア 京都」

GOOGLEの検索エンジンにこの三つの単語を入力すると、真っ先にヒットするのが「A.S.K Atelier Share Kyoto」だ。共同アトリエ「A.S.K」に入居する作家の一人がそう教えてくれた。彼は、この方法でA.S.Kを見つけて、京都にやって来たという。

「アトリエ」はよりよい環境を求める作家の切実さ、「シェア」はシェア文化の浸透という時代性、「京都」は文化の発信度。この三つの単語は、今のアートの不安も希望も象徴している。三つの言葉が交錯する先にあるのが、このA.S.Kだ。

まだシェアという概念が定着していない1996年、職人長屋をリノベーションした「西京の長屋」が先駆けだった。2010年には、西京極の3階建ての京染工場を改装して「A.S.K」がスタートした。当初の6人から、新たに加わっては去り、増えたり減ったり新陳代謝を繰り返しながら、現在入居するのは若いアーティストたち15人。1階に日本画や洋画のペインター、2階に服飾やデザイン、染織、音楽の作家、3階には彫刻や立体の作家たち。学歴も、出身地も、国籍も、年齢もバラバラ。それぞれ、さまざまなルート、経緯、背景で集った仲間だ。

この絶えず移ろうスタジオはまるで、京都そのものに思える。

古代の人が三方を山にふさがれ、南に口を開けた盆地に定めた都は、渡来人など外部から多様な人々や文化が流入し、新たな潮流を生み、常に伝統を更新し続けてきた。巨大な文化のインキュベーター(孵化装置)でもある。人文学でも、東京とは異なる学問風土があり、京大人文研や国際日本文化研究センターは、異分野の学者が横断的に議論する共同研究で成果を挙げた。

アートでいえば、手頃なサイズの町だ。人口の割に芸術系大が多く、その卒業生たちが創作しながら生活している。発表するギャラリーやスペースも多い。ほぼ自転車で巡れる距離。「足の届く」範囲だ。東京ほど情報があふれ過ぎていなくて、消費されないのがいい。

こうしたほどよい密度は、戦後のパンリアル協会や走泥社など前衛的で反骨的な運動を育んだ。こぢんまりした盆地では横のつながりができやすい。1980年代、京都の若い美術家たちを中心に関西ニューウェーブが盛り上がり、その後、ダムタイプやキュピキュピなどもスタジオのように集まって制作した。

ただ近年、学問も文化も社会も、仲良し同士が固まるか、逆に一人でタコツボのように専門化するか、閉塞化し、積極的に外部と関わろうとする動きが少ない。美術でも、そうした傾向は強いように思える。

21世紀に入って増えてきた共同スタジオやシェアアトリエは、そんな硬直したアートシーンを変えてくれるかもしれない。中でも大規模なA.S.Kに期待している。A.S.Kが単なる作家のアパートメントから、外へ向かう運動体に変わろうとしているからだ。韓国のアートグループとの交流展、戦後美術の勉強会、近隣の共同アトリエと連動したオープンスタジオの開催など、実験性あふれる企画も始めている。スタジオ1階に新設した「Alt Space Post」は、アーティストから生まれたアイデアを吸い上げ、アーティスト自身が動かすスペースにしたいという。既設のギャラリーとは異なる冒険的なスペースになりそうだ。

Postは、投函されたものがどこかへ届くイメージでもある。孤立した作家たちを結びつけ、刺激し合い、作家自身の地位やアイデンティティー、状況を揺さぶり、社会に一石投じる。枠を超えた発信から、どんな便りが返ってくるのか、楽しみだ。

河村 亮


 

 

京都は日本を代表する文化都市であり、国内外で活躍するアーティストを多く輩出してきました。また芸術系大学を多く擁し、数多く の若手アーティストの活動拠点となっています。近年では、複数人でアトリエを共有するシェアスタジオが増えています。
「A.S.K -Atelier Share Kyoto / アトリエ・シェア 京都」は、阪急西京極駅から徒歩 10 分にある京染工場を改装した 3 階建てのシェア スタジオです。
現在スタジオには、絵画、彫刻、写真、デザイン、染織、服飾、音楽など、学歴、年齢、国籍も様々なアーティストが 14 名入居して います。これまで、韓国のアートグループとの交流展や戦後美術史研究会、また近隣シェアスタジオと連動したオープンスタジオを企画 するなど、シェアスタジオの枠組みを超えた活動をおこなってまいりました。
2018 年の春からは、スタジオの 1 階部分にアーティスト・ラン・ギャラリー「Alt Space Post / オルタナティブ・スペース・ポスト」 を立ち上げ、アーティスト、キュレーター、批評家、コレクターの垣根を超えた実験的な展覧会やイベントを企画し、新たな価値を創造 する場にしていきたいと考えています。
ASKの試みは、京都に数多あるシェアスタジオのひとつの試みに過ぎないでしょう。しかし、この輪の広がりが、かつてのエコール・ ド・パリや抽象表現主義を生み出したニューヨーク・スクールを彷彿とさせるような、アーティスト同士の連鎖反応を引き起こすきっかけ になるのかもしれません。本展覧会は、伝統文化と現代美術が交錯する街ここ京都で、私たちアーティストが協同することの意義や課題、可能性を検証する展覧会です。

中屋敷 智生






『ASK_7人の作家』

会期  |  2018年 7月 21日(土) – 8月 11日(土)

時間  |  11:00 – 18:00

休廊  |  日・月・祝祭日

場所  |  ART OFFICE OZASA 京都市上京区竪門前町414 西陣産業会館207(西陣織会館 西館)

【出展作家】

河村 啓生Kawamura Norio
彫刻、インスタレーション
http://noriokawamura.jp/

来田 広大 Kita Kodai
絵画、インスタレーション
http://kodaikita.com

宮岡 俊夫Miyaoka Toshio
絵画

中屋敷 智生Nakayashiki Tomonari
絵画
http://thomyashiki.tumblr.com

奈良田 晃治Narada Koji
絵画
http://narada-koji.com/

シュヴァーブ トム  SVAB Tomas
写真、インスタレーション
http://www.23 degrees.net

鳥居 結人  Torii Yuito
日本画

【トークイベント】

時間 : 7月 28 日(土)16:00 – 17:30
ゲスト: 藏原 藍子 (東山 アーティスツ・プレイスメント・サービス(HAPS)

【主催】

ART OFFICE OZASA

【企画】

Alt Space POST
https://alt.space-post.org

Exhibition catalog PDF

 

AOO is pleased to present an exhibition “ASK-7 Artists Exhibition” .

“A.S.K (Atelier Share Kyoto)” is share studios in Kyoto, which goes back twenty-two years to “Atelier Nagaya in Saikyo”. In 1996, “Atelier Nagaya in Saikyo” renovated two Nagayas of craftsmen located next to Yuzen dyeing Factory, and started to lent them as share studios for artists. At that time, the idea of “sharing” was not yet common as today.

After that, “A.S.K” and “Kyoto ceramic art studio – tochin” (share studio for ceramics) successively joined to it in 2010 and in 2012, and nowadays “A.S.K” consists of three share studio buildings. Since then, regardless of lending-period, age and nationality, more than 100 artists have been based in “A.S.K” .

“A.S.K” also seeks the way to support artists, sponsoring “KYOTO ART HOSTEL Kumagusuku” in 2015. In the spring of 2018, the artists in “A.S.K” showed a new movement of voluntarily launching an Artist Run Gallery named “Alt Space Post”.

At this time, AOO hold a group exhibition “A.S.K : 7 Artists Exhibition” by the artists in “A. S. K” with different academic backgrounds, ages and nationalities.

With this exhibition, you can think of “Le Bateau-Lavoir” for Picasso and Modigliani, “La Ruche” for Chagall and Les Gets, or “Ikebukuro Montparnasse” for Aimitsu and Matsumoto Shunsuke. AOO is pleased to show a cross-section of share studios with promising contemporary artists. We do hope you will be able to have a look.

 ART OFFICE OZASA INC.

‘Studio, Share, Kyoto.’

When you enter these three words into Google search engine, the very first hit is ‘A.S.K Atelier Share Kyoto.’ One of the artists residing in‘A.S.K’ shared studio told me this. This is how he found A.S.K and came to Kyoto.

‘Studio’ is the sincerity of artists pursuing a better environment, ‘share’ is the era of permeation of the culture of sharing, ‘Kyoto’ is the disseminator of culture. These three words symbolize the anxiety and hope for art today. A.S.K is the place where these three words intersect.

In 1996 when the concept of sharing had not yet been established, ‘Nishigyo tenement’ was a pioneer, renovated from a workers’ tenement house. In 2010 a 3-story Kyozome factory in Nishikyogoku was refurbished and “A.S.K” began. With new arrivals and departures from the original six people, 15 young artists now reside here, as they repeat an increasing and decreasing metabolism. On the first floor are painters of Japanese and western paintings. Clothing and design, dying, and music artists are on the second floor. The third floor has sculpture and 3D artists. Their academic backgrounds, birthplaces, nationalities, and ages are all diverse. It is a gathering of members each with varied roots, histories, and backgrounds.

This constantly changing studio is just like Kyoto itself. The people in ancient times were closed in on three sides by mountains, and the city was established in the basin that opens up to the south. Various people like migrants and cultures from outside flowed in, creating new trends and renewing traditions continuously. Even in the humanities, there is a different academic climate than in Tokyo. The Kyoto University Research Centre for the Cultural Sciences and the International Research Center for Japanese Studies achieve their results with collaborative research, by cross-disciplinary scholars consulting across different fields.

Speaking of art, it’s a reasonably-sized town. Due to the population, there are many art-related universities, the graduates of which live and make art here. There are also many galleries and spaces to exhibit. You can get around most distances by bike. Everything is in walking-range. Thankfully it’s not overflowing with information like Tokyo, so you don’t get overwhelmed. This kind of moderate population density cultivated avant-garde and rebellious movements like Pan real association and Sodeisha after the war. In a small basin lateral connections are easy to make. Then in the 1980’s, the Kansai New Wave swelled around young artists in Kyoto, and afterwards studios such as Dam Type and Kyupi Kyupi formed and produced work here.

However recently academics, culture, and society are becoming closed off, whether from colleagues sticking closely together, or conversely pigeonhole-like specialization on its own. Movements that actively try to engage with the outside are few, and even in art this tendency seems to be strong.

The cooperative or shared studios which have increased since the 21st century may change such a rigid art scene. There are especially high hopes for the large scale A.S.K. since we are trying to change from a simple artists’ apartment to an outward facing operation. We are also beginning projects full of experimentation, such as exchanges with Korean art groups, post-war art study groups, and hosting open studios with other shared studios in the area. “Alternative Space Post” newly established on the 1st floor of the studio, absorbs the ideas born from the artists, who say they want to make it a space which they themselves influence. It’s likely to become an adventurous space that differs from existing galleries.

‘Post’has the image of a thing mailed and delivered somewhere. It joins isolated artists together, stimulates the artists’ own position and identity, shakes up their surroundings, and causes a stir in society. We look forward to what kind of correspondence returns from our outgoing dispatches.

Kawamura Ryo

As a city representative of Japanese culture, Kyoto turns out many artists who are active both within and outside the country. It also has many artistic universities and is the base of activity for large numbers of young artists. In recent years the number of shared studios used by several people has increased.

“ASK -Atelier Share Kyoto,” is a shared studio renovated from a three-story Kyozome workshop ten minutes from Hankyu Nishikyogoku station by foot. There are currently fourteen different painting, sculpture, photography, design, dyeing, and clothing artists who have moved into the studio. Each of them has varying academic backgrounds, ages, and nationalities. So far we’ve engaged in many activities that go beyond the normal framework of a shared studio, such as cultural exchange exhibitions with Korean art groups, seminars on post-war art history, and planning cooperative open studios with other shared studios in the area.

Since the spring of 2018 we have created “Alt Space Post/ Alternative Space Post,” an artist-run gallery on the studio’s first floor. We plan experimental exhibitions and events which cross the boundaries between artists, curators, critics, and collectors. We want to make this a space in which to create new values.

ASK’s endeavor may be no more than the singular endeavor of the many shared studios in Kyoto. However, the spread of our influence could be a chance to cause a chain reaction of fellow artists, that recalls the former School of Paris or the New York school which gave birth to abstract expressionism.

In the city of Kyoto where traditional culture and contemporary art intersect, this exhibition investigates the meaning, themes, and potential of collaboration between us artists.

Nakayashiki Tomonari


 

Period   |  2018. 7 .21 [sat]~ 8. 11  [sat]

Place     | ART OFFICE OZASA

207 Nishijin Textile Center West, 414 Tatemonzen-cho,kamigyo-ku, Kyoto 6028216 Japan

Opened  | Tuesday – Saturday, 11am – 6pm *closed on Sundays, Mondays, and public holidays

 

【Artists】
Kawamura Norio

Kita Koudai

Miyaoka Toshio

Nakayashiki Tomonari

Narada Koji

Tomas Svab

Torii Yuito

 

【Talk Evet】

Time : 7. 28 (Sat)16:00 – 17:30 Guest : Kurahara Aiko (HAPS)

 

【Detail for Catalog】

Narada Koji Tomas Svab Torii Yuito

Catalog text:Kawamura Ryo (The Kyoto Shimbun) Catalog Translation:John Gibson
Design:Tomas SVAB

 

【Sponsor】
ART OFFICE OZASA

 

【Planing】
Alt Space POST https://alt.space-post.org

 

【Contacts】

ART OFFICE OZASA inc.
207 Nishijin Textile Center West. 414 Tatemonzen-cho, Kamigyo-ku, Kyoto 6028216 Japan
Mail: mail@artozasa.com
HP: www.artozasa.com