ART OFFICE OZASA

『NATIVE : KYOTO』NATIVE : KYOTO curated by Kio Griffith + David Leapman

プレスリリース PRESS RELEASE

ozasakyotoでは、Kio Griffith + David Leapmanキュレーションによる
Group Exhibition 「NATIVE : KYOTO」を開催いたします。

会期|2017年3月22日(水)~   4月8日(土)

開廊日時|火―土 11:00~18:00

休廊日|日・月・祝

opening reception | 3月28日(火) 17:00~19:00

 

NATIVE_TOKYO_FRONT        NATIVE_KYOTO_BACK
 

-------------------------

《出展作家》

Nick Brown
Tom Dunn
Mark Dutcher
EC
Kio Griffith
David Hancock
David Leapman
Chihiro Minato 港千尋
Nobuki Mizumoto 水本伸樹
Esmeralda Montes
James Rielly
Chris Sicat
HidekazuTanaka 田中秀和
Norio Taniguchi 谷口典央
Yang02 + Kenta Ishige やんツー + 石毛 健太
Miyuki Yokomizo 横溝美由紀

-------------------------

ほんの少し前、地球はより広い場所だった。
コミュニケーションは今より遅く、ハガキや手紙でやりとりされてた。
公衆電話のボックス内で遠く離れた愛する人との会話を待ち遠しく楽しんでいた。

時には、この時代から溜まったゴミを取り除くことが必要だったりする。
玄関に放置された古い机。私はそれを整理することを試みた。
その卓上にはコート、靴、ウールの帽子、郵便広告物の山が崩れ積もっていた。
五つの引き出しがあり、その中には、小さい鉛の象、空っぽの眼鏡ケース、ちり紙、
折り畳まれたレシート、色あせたパーティーの招待状、穴あけパンチの紙吹雪、プラスチックの封に入ったままのスーツケースの鍵、
6枚の見栄えのないパスポート写真、空白の日記帳、古くなった雑誌、未払いの電気代、一掴みのフラン、ひとつだけのペーパークリップ、
十四の輪ゴム、プラスチック製のスノーマン、太字のマジック、数本の折れた鉛筆、箱に入ったままの豆電球、
キャンドルがいっぱい詰まったビスケットの缶、それと二枚の絵葉書。

いつも開かない真ん中の引き出しには、
壊れた自転車用のポンプと凸凹なく大きく膨らみ封じられた特大封筒が入っていた。

私は取り返しのつかない間違いをして、その封を切り開いた。
出てきたのは、薄い外国製の紙に書かれた未読の手紙ばかりだった。
それらはすべて同じ筆記で書かれ、すべて私宛だった。

―ロイ•ヴォス 2016

NATIVE : KYOTO
curated by Kio Griffith + David Leapman

opening reception : March 28, 2017 5-7pm

run of show : March 22 – April 8, 2017

gallery hours : Tuesday through Saturday 11am to 6pm

ozasakyoto

602-8216 京都市上京区竪門前町414 西陣産業会館207
207 Nishijin Textile Center West, 414 Tatemonzen-cho Kamigyo-ku, Kyoto 6028216 Japan

www.artozasa.com

NATIVE_TOKYO_FRONT         NATIVE_KYOTO_BACK

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Nick Brown
Tom Dunn
Mark Dutcher
EC
Kio Griffith
David Hancock
David Leapman
Chihiro Minato
Nobuki Mizumoto
Esmeralda Montes
James Rielly
Chris Sicat
HidekazuTanaka
Norio Taniguchi
Yang02 + Kenta Ishige
Miyuki Yokomizo

. . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . . .

Not so long ago the world was a bigger place. Communication was a slower affair. Postcards and letters were expected; public telephone boxes occasioned long-distance conversations with far away loved-ones.

Sometimes there is an imperative to clear away the clutter of these former times. The old desk for instance, parked unhelpfully in the hallway near the front door, had been there too long. I decided to sort it. It was heaped with coats, a couple of shoes, a woollen hat and a sliding pile of junk mail. There were five drawers. In them I found a little lead elephant, an empty spectacles case, various lists on scraps of paper, a folded receipt, a faded party invitation, a confetti of hole-punch paper, a pair of suitcase padlocks still in their plastic package, six unflattering passport photographs, seven sleeves of self adhesive labels, an old identity card, a blank diary, some out-of-date magazines, an unpaid electricity bill, a handful of francs, one paper clip, fourteen elastic bands, a plastic snowman, a fat felt-pen, several broken pencils, a tiny light bulb in its box, a biscuit tin full of candles and two picture postcards.

In the middle drawer – the one that always got stuck – was a broken bicycle pump and an oversized envelope, full and smooth, licked shut. I made an irreversible mistake. I decided to open it. Inside was a collection of unread letters on thin, foreign paper. They were all of the same hand, and all written to me.

Roy Voss 2016

this project is in collaboration with TYPE