ART OFFICE OZASA

瀧口修造・宮脇愛子 ca.1960Takiguchi Shuzo・Miyawaki Aiko ca.1960

プレスリリース PRESS RELEASE

この度、ART OFFICE OZASA では「瀧口修造 宮脇愛子 ca.1960」展を開催いたします。

 

戦前・戦後を通してあらゆる表現分野の多くの作家と交流した詩人で美術評論家の瀧口修造(1903-1979)。シュール・レアリスム芸術を基軸に、日本における前衛芸術の精神的・理論的支柱として活発な評論活動を展開します。 読売アンデパンダン(1951)、実験工房(1951)、タケミヤ画廊での企画など常に現代美術に刺激を与え続けましたが、 1960 年以降、国際展の審査、新聞や雑誌など職業的に書くことに矛盾を感じ、1963 年にはそれらいっさいをやめます。 その一方で1960 年以降、南天子画廊での初個展(1960)をはじめ、数多くのデッサンやデカルコマニー、バーント ドローイングなど造形作品を残しており、これらは近年、瀧口独自の表現として益々注目されています。

宮脇愛子(1921-2014)もまた瀧口と親密に交遊した作家でした。1953 年、義理の姉であった神谷伸子を通じて阿部展 也、斎藤義重に師事します。養清堂画廊での初個展(1958)ののち、瀧口の勧めでイタリアミラノへ移り住み、フォン タナ、カステラーニ、マンゾーニ、そしてパリのマンレイなど多くの作家と交流し、本格的に作家活動を始めます。一時 帰国した1962 年1 月には東京画廊で個展を開催し、その時に出会ったパリの画商アンドレ・シェレールと契約し、1 年 間パリに滞在し作品制作をします。そして同年10 月には、アンドレ・シェレール画廊にて個展を開催し、これを契機に ニューヨーク、ワルシャワを始め世界各地の主要な美術館での発表が始まります。

ほぼ時を同じくして鬼籍に入った宮脇愛子(2014 年没)とアンドレ・シェレール(2015 年没)。

この度、ART OFFICE OZASA は、アンドレ・シェレールのプライヴェートコレクションからパリ・モンパルナスのアト リエで制作された宮脇愛子の初期の重要な作品の里帰りを実現することができました。

これを機会に初公開作品を含め1958 年~1962 年の宮脇愛子作品6 点、瀧口修造の1960 年以降の未発表作品10 点を併 せて展示いたします。またプライヴェートコレクションから宮脇愛子旧蔵の瀧口修造作品4点も併せて展示いたします。

具体美術、もの派をはじめ、世界から熱い視線を集める戦後日本美術。その中でも1960 年代の草間彌生、田中敦子など 女性陣の活躍は一層際立った輝きを放っています。宮脇愛子もまた1967 年にはグッゲンハイム美術館に作品買上となり、 世界各所の美術館に収蔵されれています。しかし、まだまだ十分な評価がされているとは言い難く、本展示が再評価の 一端となることを願っております。

今日まで目にする機会の少なかった宮脇愛子の1960 年初頭、パリでの制作をご覧いただける貴重な機会となります。 また造本作家グループ<Les fragments de M>による、瀧口修造のルリユール(工芸としても製本)作品もあわせて ご覧いただけます。

 

ぜひご高覧賜りますよう、よろしくお願い申しあげます。

ART OFFICE OZASA

 




 

『 瀧口修造 宮脇愛子 ca.1960 』

会期   |   2018年6月2日(土) – 6月30日(土)

時間   |   11:00 – 18:00

休廊   |   日・月

場所   |   ART OFFICE OZASA    京都市上京区竪門前町414 西陣産業会館207(西陣織会館 西館)

*初日、オープニングは開催いたしませんが、お飲み物を用意してお待ちしております*

 

【主な展示作品】

《瀧口修造》

1960 年以降の未発表作品を中心に10 点

宮脇愛子旧蔵のプライヴェートコレクションから4 点

「デカルコマニー」「バーントドローイング」「水彩」など

 

《宮脇愛子》

アンドレ・シェレールのプライヴェートコレクションを中心に1958 年~1962 の絵画6 点

「作品8」  1958-59 年

「作品」 1961 年

「作品」 1962 年     *アンドレ・シェレール・コレクション

「作品3-3-62」 1962 年  *アンドレ・シェレール・コレクション

「作品3-5-62」 1962 年  *アンドレ・シェレール・コレクション

「作品3-6-62」 1962 年  *アンドレ・シェレール・コレクション

資料展示のみ「作品1」 1961 年 *アンドレ・シェレール・コレクション

 

【ルリユール展示】

造本作家グループ Les fragments de M

瀧口修造関連書籍「自由な手・抄」「小球子譚」「瀧口修造の詩的実験・1927-1937」「余白に書く」「三夢三話」など

 

【参考展示作品】

阿部展也  「アブデルワラ寺院」 ca.1953

ルーチョ・フォンタナ  「無題」 1964

 

【協力】

土渕信彦・ときの忘れもの・松田昭一(宮脇愛子アトリエ)

 

taki_miya01 taki_miya16 taki_miya05 taki_miya02 taki_miya10 taki_miya19 taki_miya03 taki_miya21 taki_miya20

AOO is pleased to present an exhibition “Takiguchi Shuzo and Miyawaki Aiko ca.1960” .

 

Takiguchi Shuzo (1903-1979), a well-known poet and art critic,  interacted with varieties of artists before and after the war. Based on surrealism, he developed vigorous review activities as the mental and theoretical pillar of avant-garde art movement in Japan, and continued to stimulate a lot of contemporary artist through applying to “Yomiuri Independent Exhibition” (1951) and “Jikken Kobo (experimental workshop)” (1951) and planning exhibitions at the Takemiya Gallery (1951~). After 1960, however, he doubted the possibility of critical works on the newspapers or magazines, and consequently, he quitted all of those works at 1963. Seeking for his own expression style, he held the first solo exhibition at the Nantenshi Gallery (1960) with sketches, decalcomanias and burnt drawings which are today being more appreciated as his original expressions.

 

Miyawaki Aiko(1921-2014) was an artist who was in rapport with Takiguchi Shuzo. In 1953, Kamiya Nobuko, Aiko’ s sister in law, introduced Aiko to Abe Nobuya and Saito Yoshishige who would later become her masters. After her first solo exhibition at the Yoseido Gallery (1958), according to Shuzo’ s recommendation Aiko moved to Milan Italy, where she started artistic activities in earnest, interacting with many artists as Lucio Fontana, Enrico Castellani, Piero Manzoni, and Man Ray. In January 1962, she temporarily went back to Japan and held a solo exhibition at Tokyo Gallery. Through this exhibition, she formed a friendship with a Parisian art dealer Andre Scheerle and made a contract with his gallery. After that, she stayed in Paris for a year and held an exhibition at his gallery in October with which her success on global stages in NY, Warsaw, etc., was started.

 

In this “Takiguchi Shuzo and Miyawaki Aiko ca.1960” , AOO realizes return of Miyawaki Aiko’ s early works created at the atelier of Montparnasse Paris. We exhibit 6 works by Miyawaki Aiko from 1958 to 1962 and 10 unpublished works by Takiguchi Shuzo from 1960s too. In addition, we will display 4 pieces of works by Takiguchi Shuzo once owned by Miyawaki Aiko from private collection. We also exhibit Takiguchi Shuzo’ s Reliure bound by bookmakers group named〈Les fragments de M〉.

 

Nowadays, postwar Japanese arts such as Gutai and Mono-ha gather hot attentions from the world, and particularly female artists such as Kusama Yayoi and Tanaka Atsuko in 1960s have remarkable sparkles. Miyawaki Aiko’ s works were also purchased by the Guggenheim Museum in 1967 and now stored in art museums around the world, but it cannot be said that she is appreciated at all. AOO hopes that this exhibition will contribute to her reevaluation.

 

We do hope you will be able to have a look.

ART OFFICE OZASA INC.


 

Period   | 2018. 6. 2 [Sat] 〜2018. 6. 30 [Sun]

Place     | ART OFFICE OZASA

     207 Nishijin Textile Center West, 414 Tatemonzen-cho,kamigyo-ku, Kyoto 6028216 Japan

Opened  | Tuesday – Saturday, 11am – 6pm *closed on Sundays, Mondays, and public holidays

 

【Works】

 

Takiguchi Shuzo

10 unpublished works by Takiguchi Shuzo from 1960s

4 pieces of works by Takiguchi Shuzo once owned by Miyawaki Aiko from private collection

 

“ Sketches”, “Decalcomanias” “Burnt drawings” and etc.

 

Miyawaki Aiko

6 works by Miyawaki Aiko from 1958 to 1962, Mainly from Andre Scheerle collection.

“Work 8”  1958-59

“Work”     1961

“Work”     1962      *Collection from Andre Scheerle

“Work 3-3-62” 1962  *Collection from Andre Scheerle

“Work 3-5-62” 1962  *Collection from Andre Scheerle

“Work 3-6-62” 1962  *Collection from Andre Scheerle

 

exhibiting only documents “Work1” 1961 * Collection from Andre Scheerle

 

【Reliure Works】

 

Bookmakers group named 〈Les fragments de M〉.

Takiguchi Shuzo Related Works

“自由な手・抄(Ziyunate・Syo)”

“小球子譚(Syoukyuusitan)”

“瀧口修造の詩的実験・1927-1937 (Takigushi Shuzo Shitekizikken・1927-1937)”

“余白に書く(Yohakunikaku)”

“三夢三話(MiyuMiwa)” and etc.

 

【Reference Exhibits】

 

Abe Nobuya             “Abu. Delwara Temple” ca.1953

Saito Yoshishige      “Work” ca.1959

Lucio Fontana         “untitled” 1964

 

【Cooperate】

 

Tsuchibuchi Nobuhiko・TOKI-NO-WASUREMONO・Matsuda Shōichi(Miyawaki Aiko Atelier)

taki_miya01 taki_miya16 taki_miya05 taki_miya02 taki_miya10 taki_miya19 taki_miya03 taki_miya21 taki_miya20